ウルトラポップ

CD、本、雑貨...気になるものを思うがままにメモってく
欲しいものノート
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
レイトン教授と永遠の歌姫
 
見ちゃった。
ゲームは過去3作クリアして今4作目の途中やってるとこ。
ゲームの動画シーンがキレイで普通にアニメみたい〜って思ってたけど、ほんとにアニメ映画作るとは。
結論を先に言うと結構おもしろかったです。
ゲームの動画も少しジブリっぽいんだけど、なんか映画のクライマックスからはラピュタ? カリオストロ? ハウル? って感じで、もうこれはオマージュかよってレベルだなとは思ったけど。
ただ、ゲームに出てくる背景はキレイだったのに、映画はかなり「CGです!」って感じでね...。
もうちょっとレトロな感じで全部手描きとかで...。って無理言うなよって感じですか。
話も面白いんだけど、やっぱ駆け足風で感情移入しにくいというか。
いや、レイトン教授が点目だから感情移入しにくいのか...?
クライマックス以降、点目を険しくしっぱなしでしたが、いかんせん点なので、ちっちゃすぎてわかんないよ。
映画でもゲームと同じく謎解きがあるんだけど、あっという間にレイトンorルークが解いちゃうから、観客考えるヒマなし。
いや、観客が考えるの前提にしてない問題だと思うけどさ。
問題出た時の音楽がゲームと同じだったりして、ゲームしたことある人にはフフフってとこあったり。
声優の大泉洋と堀北真希もすっかり慣れた感じで違和感ないです。結構うまいです。
ただ渡部篤郎はイマイチだったかも。いい声してたけど、この表情の乏しいキャラの声するには大人しい感じだったかも。やっぱ本職の声優さんの表現力にはかなわないって感じ。
しかし、この映画小学校低学年以下の子は意味わかんないんじゃないかと。
子供いっぱい来てたけど、途中でみんな飽きちゃってたもん。
戦いシーンとかパンツとか出てくるとキャッキャ喜んでましたが。
子供といえば、レイトン教授はルークに容赦ないですね。
「もう一人で行けるね」とか、いやあかんやろ。まだ9歳ぐらいやしその子。危ないことさせるし。
子供に厳しいなレイトン。
この映画面白いんだけど、ラピュタやカリオストロに比べてドラマチックさがないんですよねぇ〜。同じようなことしてる割には。
やっぱレイトン教授の点目のせいだな。あれは。
それから明らかにオペラ座の怪人のテーマをちょっとアレンジしただけみたいな曲がやたら流れるのが、いいのかなこれと思った(笑)
拍手する
| marumi | 映画 | 21:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
トワイライト〜初恋〜


以前アマゾンの米サイトでトワイライトが大人気っての見て、吸血鬼の美少年と普通の女子高生って少女マンガで使い古されたようなネタなのに欧米では新鮮なんだろうか?って不思議に思ってたんですよ。
で、去年の秋頃からやたら海外ニュースに出てくる小汚い男の子。CribsのライアンやStrokesのジュリアン並みに汚さがいい感じ、誰?って思ったらトワイライト映画版の子だっていうじゃないですか。
んで、原書で読みはじめたんですけど...。
映画はやっぱ2時間で抑えるためかかなり話はしょってましたね。
もうベラがエドワード好きになったのが唐突すぎて。どこが良かってん状態。
しかし、ロバート・パティンソン。普段のオレっち熊五郎みたいさはなく、いつもより痩せてて美形風。でも、やはりロブって少女マンガ的美形とはかけ離れてるんで...。
しかも白塗りなのに眉毛黒々してるし。
最初のエドワードの登場シーンなんて、ベラがチラチラと彼を見るのが美形すぎる彼が気になるってんじゃなく、「白塗り?キモ。見てんなよ。」って不審に思ってるようにしか見えなかった(笑)
俺のこの容姿や体臭も獲物を引寄せるための罠だ的な発言ありましたが、オイオイそれ自意識過剰〜!ってプッてなりましたし、ロバートって風呂入らなくて臭くて撮影スタッフから苦情がとか言われてる人だから体臭に引寄せられるってどんなマニアやねんって...。
そういえば「ググれば見つかるよ」って字幕にエッ!?って思ったんですけど。
ググるって一般的な単語なんでしょうか? ネットで見つかるよじゃだめだったんでしょうか?
古めかしい話し方をするエドワード、えらい今時の言葉も仕入れてるんだな。
ベラ役のクリステン・スチュワートはかわいいし演技上手いですね。
なんかちょっと男前な雰囲気が、むしろこっちのが美少年って感じでしたが。
エドワードっていつもキョドってるし、ある意味ストーカーやし、あれで美形じゃなかったら只のキモイ人な気がするんですが...。ロバートの演技あれでよかったんやろか。
映画としては面白かったけど、これ絶対日本ウケしないわ...。
エドワード役がもっとわかりやすい美形俳優だと違ったのかなぁ?
ロバート君はキュートですが、エドワードではないと思います。

拍手する
| marumi | 映画 | 09:23 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スラムドッグ$ミリオネア


この映画がアカデミー賞をたくさん獲ったのは知ってたんですよ、でも映画見る前に貰ったチラシ見てビックリ!
ダニー・ボイル!?
え?ダニー・ボイルがアカデミー獲ったの?
と今更驚きました。
ダニー・ボイルはビーチというウンコ映画を見て以来、才能は尽きたな、と全くノー眼中な監督でしたから...。
これはインドを舞台にしたインド人の映画。
てっきり、インドのスラムからイギリスに行ってクイズミリオネアに出るのかと思ってたんだけど、インドでもやってるんですね、ミリオネア。
なんかいかにもダニー・ボイルって感じの映画でした。
トレイン・スポッティングの舞台をインドにして労働者階級の人をスラムの子供に置き換えてまんま撮ったみたいな。
主役の子はスラム育ちの割にノンビリしてるよねぇ、お兄ちゃんの生きる能力見習えよって感じ。
あれ、兄いなかったら子供時代に死んでたんじゃないかと。
しかもあいつがヒロインに拘ったせいで、兄ちゃん犯罪者&ギャングにならなきゃいけなかったなんて、兄ちゃん弟のために大変だよ。かわいそうすぎ兄ちゃん。弟も全然感謝してないしさ。
しかし、一見嫌な奴なのでそんな兄ちゃんの愛は映画見ている人にも伝わっているのかどうか...。
前半の子供時代は面白かったんだけどねぇ、後半は割と平凡なラブストーリー展開。
ヒロインは金がないとダメって人なので純愛でもないような気がするし...。
弟、結構タナボタ的人生だよね。
そんな幸運ジャンボ宝くじが当たるよりもないよって感じの。
スラムの子もこの映画を見て希望を...とかって言ってる映画評論家ありえない。
こんなん普通にあるわけないやん。それ以前にスラムの子が映画なんて見る金持ってるわけないやん。
私としては最後はイギリス映画によくある、事件は解決してなんとなく幸せそうだけど、最初と何の状況も変わってないし、愛はあるかもしれないが、これからあの人らどうするんだろうなーって終わり方にして欲しかった。
面白かったけど、アカデミーって感じではないよねぇ、この映画。
もっとインドのスラムを深く掘り下げた社会派映画なのかと思ったら、普通にスラムの子らがトレスポのようにテンポよく事件挟みながら18歳になるまでが描かれてる娯楽映画だし。
インドの貧富の差が激しいことや、インドの物乞いが子供の体を不自由にして余計にお金を貰おうとするとか、そういうのって普通にみんな知ってるレベルの話だしなー。
面白いけど、何か考えさせられるって感じの映画ではないと思う。
あ、そうそう、インド版みのさん、嫌な奴すぎて素敵だった。あの人の演技素敵すぎ。

拍手する
| marumi | 映画 | 16:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
イエスマン "YES"は人生のパスワード


面白かったかといえば面白かったんだけど、DVDで見たのでいいかなーとは思った。
主人公は消極的で友達の飲みの誘いとかとにかくあらゆるお誘いにNoと言って家で一人DVD鑑賞してるような人。
それがたまたまイエスマンのセミナーに行くことになって、それから選択する場面になるごとにYesと言ってみたら...。
って話。
ジム・キャリーってエース・ベンチュラみたいなオバカ映画とシリアスな映画と両方出るじゃないですか、それがイエスマンになると結構エース並みの顔芸とかやっちゃうんですよ。
でも主人公って基本的にひきこもりの無気力人間だったから、いきなりハジけられるとなんか痛々しいというか...。
相手役の個性的な女の子役にゾーイ・デシャネル。彼女最近デスキャブの人と婚約したよね。
彼女との会話が、何言ってもジョークで返しちゃうのが...。
あれはアメリカではユーモアのセンスがあって素敵!!ってなるんだろうか、私だったらちゃんと話してくれ〜ってなるけど。
エース系のお笑いとトゥルーマンショウ系のシリアスとどっちつかずな感じはしましたが、割と笑えます。
それにしてもジムキャリー老けたなぁ〜。

拍手する
| marumi | 映画 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オーストラリア


なんか、宣伝の仕方とあらすじから「風と共に去りぬ」的なものかと思ってたけど、そうでもなかった。
貴族のサラが夫を追ってオーストラリアの牧場に着いたら夫は何者かに殺されていて、残された牛をライバルよりも先に軍隊に売れるか!?なストーリー。
その牧場に住むアボリジニの使用人、白人とのハーフの少年、荒くれ者のカウボーイと敵に邪魔されながら内陸から港まで牛を追っていくんだけど、一件落着した時点で、あー終わりか〜結構2時間45分って早かったなぁ〜! ラブストーリーかと思ったら牛追いゲームみたいなビジネスの話だったなぁ〜。
と思うのだけど大間違い、まだまだ続きます。
その後、なんだか全てがうまくいったっぽくなって、ああ終わりか〜!
と思ったら、まだまだ続きます。
つーか、長いよ、長すぎる!!
途中、第二次世界大戦に突入して、当然ながら日本軍押し寄せて、爆撃して人殺しまくりでジャップ、ジャップな話に。
まぁ、史実だから仕方ないとはいえ...。
主要人物全員オーストラリア人の俳優を使ってるんだ、オーストラリアの映画だもんなー、って思ったら、サラはイギリス貴族でイギリス英語で話す。
よく考えたら、オーストラリア人とかいっても白人はみんなヨーロッパ人やったな。
しかし、白人はオーストラリア占領して、アボリジニを家畜同然に扱っておいて、俺らの土地をジャップが侵略した〜じゃないだろって思うんですけど。
私達は黒人も家族と思ってるわーなサラとドローヴァーがハーフの少年達を救えなミッションに燃えてる時も、ヒーローだなって描き方なんだけど、よく考えたら勝手な話だなーと。
サラも私の土地を守り抜いたわ〜なわけだけど、そこ元はアボリジニの土地だし...。
俺は黒人と仲良くしてるから白人たちに軽蔑されてるんだぜーなドローヴァーも、野生の馬大量に捕まえて売ってるし...。

敵役のデヴィッド・ウェンハム、かなり銭ゲバで素敵でした。
「金のためなら何でもするズラ〜」な感じに食肉業界のトップまで上り詰めた男。
彼ののし上がり人生を映画にしても面白いかもしらん。
そしてハーフの少年ナラを演じた子は、ど素人の少年らしいです。
主役級の役だし(なにしろ語り部)、演技も上手くて、利発そうで、なによりカワイイ。
素人でも演技しろ言われたら出来るもんやねんなぁーと感心しましたよ。

浜村淳のラジオ番組主催の試写会だったので年配のお客さんが多かったんですが、高評価な感じでした。うちの父も好きそう、この映画。私はお尻痛くなったけど。
ナラ少年がお前はナウシカか!?なシーンとかハーモニカのシーンとか良かったしな、涙あり笑いありの...っていうか人死にすぎだし。
浜村淳もナラのことにしか触れてなかったけど、確かにナラが出てくるシーンはよかった。
あ、あとヒュー・ジャックマンの分厚い体が素敵でした(笑)
なんでそんなピチピチのシャツ着てるんだ?なセクシーぶりで。
いやーもう馬乗ってカウボーイハット被ってムチ振り回してる姿はさながらインディ・ジョーンズでしたからねぇ〜。
エンディングは映画のラストの雰囲気をまるで無視した陽気なカントリー「ドローヴァーのテーマ」。
こんなドローヴァーについて明るく歌われても...。主役は明らかにサラだったし。
何より長すぎだわ。 面白いなーと最初は思ってても途中で飽きてくる。終わりか?と思う度に話がコロコロ変わるし。結局伝えたいとこはどこなのよ?な感じに。
もうちょっと簡潔にまとめたらいい映画になったかもしらん。

拍手する
| marumi | 映画 | 09:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
マンマ・ミーア!
 
このミュージカルは舞台では見たことなくって...。
映画が初見なんですが...テンションの高さにまずビックリ!!
20歳の娘が結婚式に、20年前の母の日記から自分の父親らしき男性3人を招待したことによるドタバタ・ラブコメディなんですが、主役は母なんですね。
母とその親友2人の3人のオバチャンたちがハイテンションで恋する乙女になってハシャギまくるという内容でした。
最初、その歌シーンのテンション(脇も含め)に思わず引いてしまいましたが、見てるうちに慣れていき(笑)、娘にウェディングドレスを着せるシーンなんかはしんみり...。
私が今まで舞台で見たことのあるミュージカルって、普通にドラマが進行してて、いきなり歌いだすパターンはあんまりなかったのでちょっと違和感かんじてしまう。
あと驚いたのはメリル・ストリープの歌が上手い!!
主役なだけに歌うシーン多かったのですが、セリーヌ・デュオンばりに(いいすぎ)歌ってました。
そんで娘役の子が正に「ピチピチ」という言葉がピッタリな若さ弾けるって感じのカワイイ子でした。
あと母の3人の元恋人たち(っていうか、ひと夏に3人って...)も豪華キャストなんだけど、なんかパッとしないというか、おばちゃんパワーにたじたじで印象薄。
ABBA好きでない男の人には向いてないかも、この映画。
拍手する
| marumi | 映画 | 23:27 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
 
試写会で見てきました〜。
80代の老人で生まれて若返っていくベンジャミンの生涯。
?? どうやって老人が生まれるの? って見る前から疑問だったんだけど、赤ちゃんだけど見た目や体の機能が老人ってことでした。
体の大きさは年相応で、ちっちゃなおじいちゃんみたいな感じ。
脚本家がフォレスト・ガンプの人なだけにストーリー展開の雰囲気似てました。だいたい同じ時代だし。
老人の姿の少年や壮年の姿の青年時代までは派手な出来事はないものの、ゆるゆる〜と彼の成長が描かれてて、いい映画だわーって思ったんだけど、どうにも青年時代からのデイジーとのラブストーリーに入ってからはなんだか...。
お互いどこに惹かれたのかわかりにくい。やっぱお互いに見た目に惹かれたのか?
やっぱダンサーで成功してただけにデイジーって女王様な性格で自尊心が強くて...。
なんだかデイジー好きになれなかったわ〜。
そんでもってベンジャミンの50代以降は殆ど語られなかったのも不満。
晩年はうーん、ベンジャミンにとっては幸せだったんじゃないでしょうか。
あと40代のブラピかっこ良すぎ。
あんなにかっこ良く若返らなかったらまた話の展開変わるのかなーとか思っちゃったわ。
でも特殊メイクがすごいですねー。
老人にするのはもちろんだけど、20代のプラピ! 若返らせるなんてすごい。

人間って子供の時と老人の時は介護が必要で話せなかったり、歩けなかったり。
年とると子供に帰るとも言うし、見た目が逆って発想はとても面白い。
老いることとか死ぬことととか考えさせられますね。
そういややけにカミナリに打たれる老人のエピソードがウケてました。
拍手する
| marumi | 映画 | 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラインドネス
 試写会で見ました。
伝染病で世界中の人が失明していく中、主人公だけが目が見えるって話なので、ディープ・インパクトとかああいう類のパニック・ムービーかなーって思って見たら、全然違った。
どっちかというとesとかcubeとか、ああいう精神ギリギリ状態みたいな映画だった。
金出してまで見たくなる内容ではないなー。
以下ネタバレあり
続きを読む >>
拍手する
| marumi | 映画 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マシオカさん
今日はゲット・スマートの試写会に行ったんだけど、舞台挨拶にマシ・オカさんが。
なんか客席の後ろにカメラが並んでると思ってん。
しかし、大阪の小さな会場にわざわざ...。
結構長い間話してたけど、あまりトークショーには向かない人なのかな。
しごくまっとうな方でした。
映画は脇の脇って役どころだった。
英語が話せるから日本人って役どころでない役でも使ってもらえるって言ってたけど、あんまセリフなかったね。
しかしアメリカ人ってほんとこういうオバカ映画好きよなぁ〜。
主演は40歳の童貞男のスティーブ・カレルとアン・ハサウェイ。
半分笑えて半分笑えなかったわ。
やっぱアメリカンジョークは通じないっていうか、ドリフ並みのベタなギャグはみんな爆笑だったけどね。
拍手する
| marumi | 映画 | 22:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
sex and the city

普段は字幕派なんですが、今回はドラマをずっと吹替えで見てたので吹替版を見てきました。
面白かったですよ。
でも正直、あの4人と男性4人のキャラや今までの経緯を知らないで、何でもない4人の男女のストーリーとして考えたら、ありふれた内容じゃなかったかな。あのストーリーは。
やっぱ、2時間半でドラマ見てない人もわかるように、4人分のその後を作ろうと思ったらこうなっちゃうのかなぁ。
薄味な内容でドラマにあったアクやチャームポイントがなくなってた。
各キャラにしてもこんな性格だったっけ?なとこあったし。BIGとか。
もうBIG最悪やん。いい年してあの情けなさ。どうしたんだ一体?って感じですよ。
もっとダンディで堂々とした自己中な人だったのに。
一応第6シーズンラストでハッピーエンドで終わってたのに無理やり映画作んなくてもよかったかも。
ファッションはすごかったです。もう各ブランドが使ってくれって押し寄せたのか普段着ですらキメキメのドレス。
ドラマではキャリーは奇抜は奇抜でも普段は普段着だったと思うのですが...。
そういえばドラマのオープニングで着てるオーガンジーのワンピース出てきましたね。
あーあんな服バンバン買える経済力が欲しい!ついでにあのクローゼットも!クローゼットに住めるわっ!って思ったっちゅうの。
少なくともNYをあんな服装で歩いてる人はいません。まぁ、いたとしてもギョッとしつつ素敵な服ねとかって本当に声かけるのかもニューヨーカーは。
あーNY行きたい。
拍手する
| marumi | 映画 | 18:59 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
 1/4PAGES >>

一番上へ