ウルトラポップ

CD、本、雑貨...気になるものを思うがままにメモってく
欲しいものノート
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国

早速見てきましたよー。
お客はなんだか初老のおじさんの姿が多かったですわ。
ハリソン・フォードは思ったよりも老けてなくて、遠目で見ると昔と変わらない。
まあ大写しになるとやはり年とってるんだけど、終盤に近づくにつれ益々若返ってました。アクションも頑張ってましたねぇ。
冒頭のアクションシーンでさりげにちらっとレイダースのアークが写ったり、ヒロインが出てきたり、シァイア君は自分で犬の名前つけてたり、マーカスやお父さんもチラっと、虫やヘビももちろん登場で、今までのファンにはツボり所多いです。
しかし、この続編、確かにCG技術は進化したかもしれないけど、20年以上も前に作られた前3作に比べると出来は平凡な気が...。
ストーリーも中途半端だし、今までの作品に比べるとウィットに欠けてるし、意味のわかんない原住民出てくるし。
っていうか今回のインディはトンデモ作品...。
少々ヤリスギ感もいなめなく...。
最初っから、今のは絶対死んだやろってシーンの連続で、今までの作品もそういうのはあったけど、今回はレベルが違う。もうインディは人間のレベルを超えている。
不死身だ不死身。
冷蔵庫とか滝とかオイ!って感じ。
まぁ、基本コメディな部分多い映画なんで笑所と言えなくもないけど。
ザッとまとめると今までの3作の要素全部押し込んで、更に他のスピルバーグ映画の要素も入れちゃえーって作った感じ。
それでもまぁ4作セットにしてもいいかなぁと思いつつ見てたんだけど、終盤のSF化はどうかと。
いや、魔宮の伝説も変な邪教と超能力紛いの胡散臭いパワーみたいなの出てきたし、百歩譲ってアリとしても、そのモノをドアップで見せられると何の映画見てるんだ?って気になったわ。スピルバーグよ、せめて肉付けはしないで欲しかった。
そして遺跡がヒューンって...。それを見てるインディ。なんなんだこのシーンは!エェー! やってくれたなスピルバーグ。
いや、それともハリソンも出た、かのSFを撮ったルーカスの趣味か?
さすがにハリソンも二人がSFに向かうのを止められなかったのだろうか。
まぁ、映画としては面白かったよ。普通に面白い映画って感じでしたよ。
前3作には遠く及ばずでしたが、もうインディ・ジョーンズが出てたってだけでいいよ。
それだけで意味あったよ。
むしろファンじゃなければ終盤の展開に疑問を感じないのかもしれない。
見たことない人はとりあえずレイダースは予習した方がいいかも。
拍手する
| marumi | 映画 | 23:52 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

鑑賞券貰ったので早速見て来ました。
前作が完璧子供向けだったのに、今回はなんだか血なまぐさい感じ。いっぱい人死んじゃうし。
それに次男と次女すっかり大きくなっちゃって...。
設定では前作から1年後なのに、あきらかに成長しすぎだし。
今回の主役はカスピアン王子ってことだったけど、明らかに脇役ではないか?
それにだいたいあの4人呼び出したところで超能力者でもないし、ただの子供だし何が変わるわけでもなく...。
あれ〜?と思ったら、なんだか長男が高慢ちき君になってる。なるほど、今回はどうも彼の心の成長を描いてるようです。あと長女と。
そういう話なわけね。ナルニアは。ディズニーだもんね。成長と愛と勇気なわけですよ。
しかしおかしなことに、彼ら4人とも前作で大人になるまでナルニアにいたわけで、イギリスに戻った後もちゃんと記憶あるわけで...つまり、中身は完璧大人なはずなのに、なぜだかとっても大人げのないお兄ちゃん。
今更心の成長するなんておかしな話ですねぇ...まぁ、そんなところは突っ込んではいけないのかディズニー映画は。
カスピアン王子はオーディションで絶賛されて選ばれたらしいけど、確かにディズニーのアニメ映画に出てくる王子そのままのお顔。育ちよさげな雰囲気で王子らしかったけど、きっと設定では長男と年近いぐらいなんだよねぇ?
まぁ、なんつーか男前だけど発言権あんまりない王子だったなぁ〜。
あと、今回は戦争シーンが多い。というかずっと戦争シーン。
LOR王の帰還を子供がわかるように作りましたみたいな。
ニュージーランドの自然はほんとキレイだよねぇ。
上映時間長いけど、そんな長さを感じさせることなく面白かったですよ。間違いなく前作よりは。
しかし、あんな非現実的なところで王や王女になって長年暮らしてたり、戦かったりしたのにいきなりイギリスの普通の学生に戻るのってかなり鬱になりそう...。
それにしても字幕版空いてたわぁー。最近の若者には吹替えが人気なんですね。
拍手する
| marumi | 映画 | 22:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ジャンパー

見て来ました。
もう感動しました。このアクション映画の何にって?
主題歌ですよ主題歌!The Charlatansじゃないの!
映画終わって流れた前奏が妙にカッコ良く、これってもしや?って思ったらティムの声が聴こえてきてねぇ。
こんな話題作に使われた割にはJUNOのピーチズみたいに再ブレイクしてないのは何故?
カッコ良かったよCharlatans。
映画の内容は、王道のアクションモノ。
主人公がいて、悪役がいて、敵に捕まるヒロインがいてって超シンプルな話でした。
テレポートシーンが目まぐるしく入ってスピード感あって面白かったよ。
あまりにも話がなさすぎて、どないやねんとは思ったけどさ。
あと、ヘイデンが男前だったわ。レイチェルもかわいかったし。
しかし、レイチェルってThe OCの時も小柄だなーって思ってたけど、162cmあるんだってね。今回もかなり高いヒール履いてるにも関わらずめっちゃ小柄に見えた。
ヘイデンがデカすぎるのか?
ヘイデン見てて、なんかこんな顔の人他にいなかったか?とずっと思ってたんだけど、プリズン・ブレイクの人と同じタイプじゃない?顔。
それから、出てきた瞬間いかにもイギリス人だなと思ったもう1人のジャンパーの子。
アップで映って、あっリトル・ダンサーのジェイミー・ベルやん!って。
なかなか活躍してんのね。いい演技してましたよ。
それにしても世界各国飛びまくりなんだけど、あれホントにロケやってんの?
すっごい大変そうなんだけど。当然CGも使ってるんだろうな。
東京シーンも結構長くて、道行く人が振り返ってみてるのよね。あれはちょっと気になったわ...。
時間も1時間半弱で丁度いい感じ。
ただ、続編ありなんだろうなって最後が、そんなに引っ張る内容あるか?と疑問です。
拍手する
| marumi | 映画 | 22:55 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
ライラの冒険 黄金の羅針盤

見てきました。
イギリスではメジャーな物語らしいです。ナルニア国物語は子どもの頃に読んだことあるけど、この話は知らなかったので世界観とか興味深かったです。
ここでは魂は人の外にあって動物の形をしているダイモンと呼ばれるものなのです。
動物の形をしてるだけなのかと思ったら、ダイモン自体がちゃんと人格を持ってて話したりするし。あんなの外にあったら危ないだけやん。
すごくキレイな映像で、セットや服や小物まで拘ってるっぽいし、動物はリアルだし、かなりお金かかってそう。そしてファンタジー映画につきものの大自然はキレイでした。北欧の雪原ばっかだったけど。
映画としては、大した盛り上がりもないうちにダラダラと進んで(その割には詰め込み感もあって一つ一つが簡素にスルー)、最後ちょっと盛り上がったかと思ったらすぐに決着ついて終わったって感じ。
もろ序章。ただの主要キャラクター紹介って感じでした。
あと何作続くのか知らないけど、こんなペースで話終わるのかしら?
読んでないけど、きっと原作読めばもっと世界観も深いんだろうなって思った。
まぁ、アメリカで大コケしたようだし、続編が製作されなかったら目も当てられない内容でした。LORやナルニアみたいに一作ごとにちゃんと内容がある映画じゃないとダメだわ。

その中でウケたのはやっぱシロクマ。もう戦うシーンとかマジなのかってくらいに笑えてしまって...。いや、マジなシーンなんですよ。猛獣の闘争シーンなんだから迫力あってしかるべきシーンなんだけど、いかんせん戦ってるのが目の小さいシロクマですから。
みんな同じ顔で立ってガオーとか言ったりして。
笑いを堪えるためにブルブル震えてしまいましたよ私は。
周りの人ら誰も笑ってなかったので、ツボったのはきっと私だけなんでしょう...。
しかしあの鎧クマの鎧は魂なんだとか言っといて、あのショボイ鎧はなんなんだろう。
敵クマにしたって人形持ってるしさ。おい、それは違うだろうって。もうクマ面白すぎだから。
拍手する
| marumi | 映画 | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

いやー、インディ・ジョーンズのマニアとしてはニコラス・ケイジ版インディを見なくてはということで見てきました。前作も見に行ったけどあれは何年前だ?
しかし、この映画が決定的にインディと違うのはなんか都会的なところ。
何でだろうと思ったら、都会しか出てこないしアメリカ国内での宝探しだからだということに気が付いた。そんでもっていつもアメリカの歴史に絡む都市伝説みたいなものを題材に謎解きが行われるのよ。
最初ガーっとリンカーン大統領暗殺絡みの説明と謎解きがあるんだけど、それが早く進みすぎてさっぱり意味がわからんくて、このまま最後まで行ってしまったらどうしようかと不安になったよ...。だって名前いっぱい出てくるし、専門用語みたいなのの説明もないしさ。
主役のゲイツがインディのように考古学者ではなくて歴史学者だから、歴史絡みなんだよねぇ。アメリカ人には常識的な歴史も日本人には常識ではないからねぇ...。
それにゲイツは頭脳派であって肉体派ではないから、太ってるのよ。腹出てるし、顔丸々してるし...。それでいいのかニコラス・ケイジ!
いくら頭脳派でも宝探しに付き物の罠ってやつがあるでしょ。あのたるんだ体で大丈夫なのかと心配になってしまいます。
基本アメリカ国内の話だけど、今回もパリとロンドンにも足を伸ばして話が展開。他国部分はサラっと流す程度だけどね。それでもロンドンの街を破壊しまくったのは嫌がらせとしか思えないんですけど(笑)
全体的には前作のが面白かったなー。謎解きも割と簡単にひょいひょい解いちゃったし、宝も簡単に見つかっちゃったしさ。
あとハリウッド映画によくありがちな名誉的な出来事と共に感動的なBGMがなる感動シーン。あれはいらんわー。インディみたいに最後まで娯楽冒険話でいいと思うわー。
拍手する
| marumi | 映画 | 20:41 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
ザ・シンプソンズMovie

実はですね、私ザ・シンプソンズが好きなのです。
FOXチャンネルでよく見てます。字幕版でも吹替版でも。
で、映画が公開されるってんで割と楽しみにしてました。
香港に行った時に街中にシンプソンズの映画のポスターが貼られてて、結構人気あるんだなぁーって思ってたんだけど、日本じゃそんなメジャーなアニメでもないしミニシアターでするのかなって思ってたんです。
そしたらば映画の吹き替え陣が
ホーマー→所ジョージ
マージ→和田アキコ
バート→田村淳
リサ→ベッキー
....。
全然、全然イメージちゃうねんけど!!特に和田アキコ!!
ホーマーは呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンのハクション大魔王の声じゃないとダメなんだよ!
キャラクター無視のタレント起用。
見る気なくしたー。
拍手する
| marumi | 映画 | 20:25 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
ブレイブワン

仕事も順調、婚約者との結婚ももうすぐという主人公エリカが暴漢に襲われ、婚約者は死亡、自分は重症を負い、暴力への恐怖と嫌悪から拳銃を手に入れ自分も暴力の世界に入っていくって話。
最初は復讐物かオカルト風味のないデスノート?って思ってたけど、もっと複雑な心理を描いた映画でした。
暴力シーンはかなり過激だった。これはR指定だわ間違いなく。
ジョディ・フォスターは小柄で華奢だから、ノーメイクでパーカーにジーンズなんて服装で歩いてると、顔のキレイな男の子って感じに見えた。
NY市警の刑事との関係もいい感じでした。友達とも恋人ともつかない尊敬しあってる関係っていうか。
通り魔や暴漢に殺される人って、死ななきゃいけない理由なんて全くないわけで、それなのに罪を犯した人は法に裁かれる一方で法に守られる。納得いかないのはわかるけど、自ら処刑をしたら自分もただの人殺し...。
複雑な問題だよねぇ。被害者は裁判も何もなくただ殺されたのに。
よく出来た映画だと思った。ラストまでは。
あのラストはないんじゃない〜。賛否両論だろうなー。
善悪の基準がずれちゃうよ。
しかし、映画の中で「世界で一番安全な街ニューヨーク」って言葉が何回も出てくるんだけど、めっちゃくちゃ怖い街じゃないかーって思ったよ。
でも、ニューヨークって実際アメリカでは一番安全な街だろうし、ある意味日本の方があぶないこともあったりするんだよね。銃はないけど。
恨まれたりしてるわけでもないのに、いきなり誰か知らない人に殺されることがあるなんて怖い世の中になったもんだよね。老衰で死ぬのってファンタジーの世界かもって最近のニュース見てると思うようになってきた。
拍手する
| marumi | 映画 | 19:41 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
主人公は僕だった

ある日、自分は実は悲劇作家カレンの書く小説の主人公だと気付くハロルド。カレンの書く小説はいつも主人公が死んで終わる。さあどうする?
って話。
出演してる役者の演技はすごく良かったと思うし、小説の主人公が実在して自分の人生が今まさに書かれてるところっていうアイディアはすごく面白いと思うんだけど、ストーリーがつまんない。
見てて「トゥルーマン・ショー」思い出したんだけど、あれは気付いてないのは本人だけみたいな感じで、逆ですね。こちらは小説家一人が書いてるから主人公がどうにかしようと思ってもどうにか出来るのは小説家次第というわけで...。
なんとなく最後は予想できるんだけど、ちょっと最後のまとめ方が無理矢理な気もした。
コメディだと思ってたけどそうでもないし、感動作っていうには中途半端。
とりあえず、人間いつ死ぬかわかんないんだし悔いのない人生を送った方がいいよってことなのかな。
面白かったけど、ビデオで見たのでいいかなって感じでした。
拍手する
| marumi | 映画 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Spiderman 3

見てきました。
今回二時間半で長い。しかも敵多い。
正直多すぎやろ。あれもこれもって感じで。
GW映画重いのが多いから、気軽にスカッとしそうって理由でスパイダーマン3にしたんだけど、よく考えたらスパイダーマンって基本的に暗いよね。
別に考えさせられたりはしないけど。
ピーターの時は笑えるシーンが多いけど、悪役はいつも可哀相な人が多いし、スパイダーマン自体もいつも悩んでるし。
今回もまぁしんみりシーン多かったです。そして最後にSnow Patrolで更にしんみり。
でも終わった途端に帰る人らでザワザワしてる間にスノパト終わってキラーズになっちゃいました。
私としてはNYが舞台ってだけでかなり楽しめます。だいたいメジャーな場所ばっかで撮影してるし。しかし、あんなに街壊されまくったらシャレならないよねぇ。
どんな危険な街やねん。変なバケモノばっかやし。それ以前に手首から糸出す人って怖ないか? あの出しまくってる糸どうやって片付けてるんでしょうねぇ。
ネタバレしちゃうからストーリーについては書けないけど、一つ言いたいのはトビーのプレイボーイ姿はファンながらも正直キツかったです。
あのとっちゃん坊やな顔で...ムリありすぎ...。
とっちゃん坊やといえば悪役のトファー・グレイス。ザット・セブンティーズ・ショーでは少年のようだったけど、大分老けましたねぇ。
あの人良さそうな顔で悪役?って思ったけど結構ハマってました。
MJはあんまり活躍するヒマなしって感じ。MJとピーターの関係は、芸能人カップルが「すれちがい」が原因で離婚したりするのってこんな感じなのかなぁって思ったよ。
そしてトビーは今回あんま痩せなかったのか二重アゴが気になって...。ちょっとおっちゃんぽかったかも。
あとハリーいいやつすぎ。
見所は...やっぱトビーのプレイボーイ姿ですかねぇ。そうとう突っ込み所多いですよ。
拍手する
| marumi | 映画 | 01:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
ブラッド・ダイヤモンド

シエラレオネ内戦を題材に不正ダイヤモンド取り引きを描いた映画。
どういう映画か全く知らないで見に行ったら、とても社会派な映画だった。
ダイヤをめぐってアフリカでこんな内戦が行われていたなんて全然知らなかった。
幸せなカップルの指に光る婚約指輪のために何人殺されたかわかりゃしない。
皮肉なものですね。
人の命がムシケラみたいに散っていく様子は衝撃的でした。
チャリティーだなんだでアフリカを救おうとか言ってるけど、先進国の人間がいなくならない限り無理なんじゃないかとかいろいろ考えたよ。
ショーウンドーに飾ってるダイヤ見て「いいなー欲しいなー」って思ってる自分のせいで人が死んでるなんて。知らないって怖い。
2000年に制定されたキンバリー・プロセスによって不正取引を取り締まりはしたみたいだけど完全に不正取引がなくなったわけではないようです。
この映画を見たらダイヤモンドを買う気にはなれないわ。

ディカプリオはアカデミーで主演男優賞にノミネートされてましたね。
そういや、ディカプリオってアイドル的な位置にいたけど元は演技派俳優で出てきたんだっけと思い出しました。
この監督ってラストに近づくにつれ、ハリウッド映画の王道的展開しないと気がすまないのでしょうか。ラストサムライに比べたら随分マシだったけどさ。
比例してディカプリオの演技もクサくなってくし、大丈夫かよって感じ。
上映時間が約2時間半あるけど、そんな長くは感じなかったし、ベタな演出のおかげでテーマの重い社会派ドラマだけど見やすくなってるんで、オススメです。
勉強のために見た方がいいです。

そういや、後ろにいた大学生くらいの男の子がアフリカについてウンチク言ってて、「アフリカで生まれた白人とかって設定自体が不自然なんだよなー」って言ってました。
ダイヤの世界一産出国がどこか知らない?アパルトヘイトって知らない?
中学校で習ったやん。
まぁ、ディカプリオはそっち側の白人の役じゃなかったけどさ。
拍手する
| marumi | 映画 | 23:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< 2/4PAGES >>

一番上へ